銀行カードローンの審査は厳しくなった?

今年になり、銀行カードローンは過剰融資や審査不備、破産者の増加により、社会的に厳しい指摘がされています。

結果、メガバンクに対して、金融庁の立ち入りが行われ、ついには年収制限まで打ち出しています。

しかし、これは今後の審査に影響するものと考えがちですが、銀行カードローンの審査は厳しくなりつつあると判断できるデータが公開されました。

それは、9月度の貸付残高のデータであり、増加が鈍化しています。

つまり、審査が厳しくなっていることや融資額が低いといった影響が伺えます。

もし、これからカードローンを申し込む際は、希望限度額は低く抑え、他社借り入れ残高やクレジットカードの利用残高をより、注意することが重要になります。

銀行カードローンの利用者が増えている理由

最近銀行カードローンの人気が高まっています。従来は個人でお金を借りるときには消費者金融系の会社を利用するのが一般的でした。銀行の場合は借入の際の審査が厳しいというイメージがあって、少し敷居が高いと感じる人もいました。

でも最近の銀行カードローンはとても利用しやすくなっています。パソコンやスマホで24時間いつでもネット申込みができます。審査条件は満20歳以上65歳以下で安定収入があることです。設定条件を満たせば、パートやアルバイトなどの非正規雇用の人でも申込みが可能です。

また以前は銀行だと審査に時間がかかる印象もありました。即日融資を受けたいときは特に契約手続きを短時間で迅速に行う必要があります。そのため審査の早い消費者金融系で申込むケースが多かったのです。

でも今の銀行カードローンの審査はとても早くなりました。ネット申込みでWeb審査を受けるとスピーディーに短時間で結果が出て、即日融資に対応できる銀行もあります。

銀行は社会的な信頼性が高くて、安心して利用できます。しかも利息が低いので返済がしやすいです。また銀行カードローンの場合、最高限度額800万円~1000万円と高額融資を受けることも可能です。

このように本当に好条件が揃っています。そのため最近は銀行カードローンを利用する人がどんどん増えているのです。